新着情報

2019/12/17 事業継続計画(BCP)の更新(4回目)

 平成27年に事業継続計画(BCP)を策定しましたが、毎年その見直しをする必要があるため、今年度も4回目の見直しを行い本年12月付けで計画書を更新しました。
 変更した内容は、「守山市の被害想定を整理」、「組合事務所の耐震診断の項目を追加」、「対策本部である組合事務所が被災した場合の対応を追記」、「災害対策本部体制図を更新」、「連絡が取れない場合の対応を追記」、「被災状況の調査と報告を追記」、「組合員等が被災したときの対応を追記」、「滋賀県管工事業協同組合連合会への緊急連絡体制を追記」、「他の団体等との協力体制を追記」、「人員資機材の数値を更新」などで、その詳細は「事業継続計画(BCP)」の33ページに記載しています。
 また、当該計画書は、【災害発生時にライフラインを復旧・維持するためのマニュアル】として策定しています。災害や大規模漏水等が発生した時に、組合の役割にとって特に重要な「上水道施設修繕業務」などが、継続して実施できるようにするための計画です。全国では、毎年多くの災害が発生していますが、我が守山市では幸いにして大きな災害は発生していません。しかし、災害はいつ発生するか分かりませんので、その時に備えて準備が必要であります。
 今後、災害発生時における市長からの出動要請や、上水道配水管の大規模な破断等が発生しました時には、この計画書に沿い全組合員が一致団結して上水道の復旧に対応致します。

 この計画書(4回目更新)は、、添付ファイルのとおりです。