新着情報

2018/05/28 平成30年度 第43期 通常総会を開催

 平成30年度(第43期)の通常総会を5月28日(月)に火まつり交流館(勝部町)で開催しました。議案は、第42期(平成29年度)事業経過報告と収支決算、第43期(平成30年度)事業計画(案)と収支予算(案)などを上程し、総会に諮り、満場異議なく全て可決承認されました。
 
 今、世界情勢を見てみますと、北朝鮮の核・ミサイル問題、中国の海洋進出、中東情勢悪化など、日本に与える政治や経済等の不安材料は数多くあります中、憲法改正なども含め、日本の進むべき方向は非常に難しい局面にきています。一方、景気動向におきましては、近年は上昇傾向にはありますものの、利益率は一向に上がらず、多忙な毎日が続いているものと認識しているところです。また、毎年、国内では台風、大雨、大雪、洪水、土砂災害、地震、火山噴火などの自然災害が多く発生しております中、我が守山市では、幸いにして大きな災害は免れています。しかし、いつかは間違い無しに発生する地震、洪水等の災害に備えての心構えや復旧体制を整えておかなければなりません。万一の災害時においては、市民のために素早く、適正な対応が必要であります。そうした趣旨から、日々の修繕業務の重要性を今一度認識する必要があります。
 今年度の組合事業としましては、水道週間では水道の重要性と水道事業の更なる発展に資するための啓発活動を行います。守山市地震災害総合訓練につきましては、8月26日(日)に吉身小学校で実施するように計画されていますので、今年度も訓練に参加いたします。また、上水道施設修繕業務についても、迅速な対応が直接市民サービスに貢献できることから、上下水道事業所様のご指導を得ながら、組合員の技術力向上に努めつつ実施して参ります。
 福利厚生事業としましては、スポーツ大会と研修旅行を隔年で実施していますが、昨年は11月に東京方面への研修旅行を実施しました。国会議員会館会議室におきまして、国会議員の先生方も同席して頂き、厚生労働省水道課の職員様3人での講義を受け、大変有意義な研修旅行となりました。今年度はスポーツ大会を実施し、組合員相互の親睦を図って参ります。
 今後も、守山市上下水道事業所様や滋賀県中小企業団体中央会様のご指導を頂きながら、組合員相互の団結が更に強固なものとし、市民の信頼に応えられるよう努めて参りたいと考えております。